美容師手荒れの原因

美容師の手荒れ

美容師の手荒れは深刻な悩みだといえます。

美容師の皮膚炎で医師を訪ねると湿疹なら

ステロイド系の外用薬が処方されます。

あかぎれにはアルキサ軟膏をつけます。


手の皮脂は微量にしか分泌されないため

洗浄力の強いシャンプーを使うと皮脂が落ちてしまい

皮膚が乾燥して手が荒れてしまいます。


汚れを良く落とすシャンプーには界面活性剤が配合されています。

界面活性剤は皮脂を落とす力が強いので手荒れの原因と考えていいでしょう。

ラウリル硫酸というものが配合されていたら、それが界面活性剤です。

 

最近では肌にやさしい無添加アミノ酸系シャンプーが人気しています。

界面活性剤が配合されていないので肌にやさしいと評判が良く

手荒れだけに限らず頭皮や髪にもやさしいという声をよく聞きます。

スタイリストが開発  こちら

美容師さんのシャンプー手荒れ対策

皮脂の剥離

くりかえしシャンプーしたときの手荒れは

美容師、スタイリストの悩みです。

プロの手荒れ対策として心がけていることがあります。

手にスキンケア クリームを塗布するまえに

手に着いたお湯をしっかり拭き取るということです。


お湯は皮脂を溶かして洗い流してしまうので

皮膚に必要な脂分がなくなると肌がカサカサになって荒れます。

皮脂の分泌量は気温が高いほうが多いので、冬の気温の低い時期に

油分が流れ落ちると肌が荒れやすくなると考えられます。


シャンプーをするのも水を使ったほうがいいのですが

お客さんのことを考えると無理ですね。

元来手の皮脂は分泌量が微量なのが悩みの種ですね。


だから水分を拭きとるタオルも湿っていないことも大切です。

手の脂分が落ちないようにシャンプーの成分に気を遣うのもいいと思います。

スタイリストが成分にこだわったシャンプー  こちら

美容師さんの手荒れ対策

保湿クリーム

シャンプーで手が荒れやすい美容師さん、

保湿クリームで手のスキンjケアは欠かせないそうですが

馬油配合のクリームが手にやさしいと聞きました。


人間に必要な不飽和脂肪酸であるオレイン酸が

馬油には多く含まれており肌への浸透性が高いので

効果があり評判がいいようです。


私も馬油配合のアミノ酸系シャンプーを使っていますが

髪の毛に吸着するようなかんじで気に入っています。

細かい泡が立ち、指通りがよく洗い上がりはしっとりします。

ほのかなマーマレードのような匂いがして癒されています。

柑橘系の匂いがしますが無香料です。

製薬会社が作ったシャンプーで気に入って使っている

美容師さんもいらっしゃいます。

馬油配合のシャンプー  こちら

手荒れにやさしいシャンプー

スタイリストが開発

界面活性剤が使われていないシャンプーで手荒れ対策を

ということなら、石鹸シャンプーもありかもしれません。

実際に手荒れ対策として石鹸シャンプーを使っている

美容師さんもいらっしゃるようです。

ただ、多くのユーザーの方の意見として洗いごこちがきしむ

と耳にしますが、きしまないと評判のものあります。


現在、評判がよく注目されているシャンプーは

低刺激であるアミノ酸系のものです。

高価だとイメージがあしましたが最近はお求め安くなりました。

無香料ですがほのかな柑橘系のものが人気しています。


プロの手荒れが産んだアミノ酸系シャンプーがあります。

成分にとことんこだわり、容器は余分なコストをかけず

エコにもなる詰め替えタイプとなっています。


パーム油を遣っているので泡立ちがなめらかでいいうえに

シャンプー自体もサラサラしています。

ヤシ油由来の植物系の洗浄剤は皮膚に対する刺激を抑制する作用があります。

スタイリストの間で生まれたシャンプー  こちら

プロが悩むシャンプーの手荒れ

美容師、スタイリストは毎日大勢のお客さんのシャンプーをしています。

洗浄力の強いシャンプーには界面活性剤が含まれているので

肌の皮脂まで洗い流してしまい、乾燥すると保湿できなくて荒れてしまいます。

肌が荒れるとひび割れ、あかぎれができてしまいます。


シャンプーするときに手にゴムやビニールの手袋をはめるといいのですが

お客さんの立場に立って考えると素手で洗うことを余儀なくされるのでしょう。


手荒れで悩むプロの間で生まれたシャンプーなら肌にやさしいといえます。

プロだけでなく肌の弱い方も使ってみて良かったと評判のシャンプーなら

一度試してみる価値はあると思います。

Copyright © 2009 美容師さんの悩みシャンプー手荒れ· All Rights Reserved·